夏期講習を終えて2018年

  • 2018.08.30 Thursday
  • 11:12

《 夏期講習を終えて 》

 

本日をもちまして、夏期講習は終了いたしました。

 

保護者の皆様、ご送迎等ご協力をいただきまして、ありがとうございました。

 

夏期講習後の感想をお伝えします。

 

まず、図形クラスに関しまして。

 

図形クラスで培おうとするものは、EQ的(心の面)には粘り強さ。集中の持続力です。

それは達成感の強さから導き出されるもので、達成感を得るには自己決定感(自分で決めてやってみる)が大事になります。

 

図形クラスで行う木製教具での指導の利点はうまくいかない時、失敗した時にやり直し、後戻りが容易だという事です。

 

たくさん失敗し修正する体験が結果を見通す力を産み、論理的思考力を育みます。

 

この夏期講習では同じ教具を集中して使用しましたが、ワンパターンの繰り返しにならないよう注意して指導して行きました。

ワンパターンの繰り返しは見栄えは良くなるかも知れませんが、思考を固くし、図形教育本来の持ち味を損ねます。

 

IQ的(知的な力)には空間図形の把握力を付ける事、イメージを操作する力の養成を目的としました。

 

前半は自由度を高くし、課題を解決する道筋がたくさんある課題を。後半は論理性や見通しの力を要求し、45分の授業時間内で1〜4課題くらいしか完成できない問題に取り組んでいきました。

 

図形クラスでは"図形を操作する"力、頭の中で図形を回転させたり裏返したりする力が重要と考えています。この力はパワーポイント等のバーチャル図形の操作で身につくものではありません。バーチャル図形はすでに空間図形の把握力がしっかり身についている人が使って有用なもので、初心者はアナログ的に手を使って図形教具に触れ作品を作って行かないと身につくものではありません。

 

図形クラスの課題は大きく2つに大別しています。

 

1つはこの夏に集中的にやってきました"図形イメージを操作する力"の養成、そしてもう1つが9月からのテーマとしています"位置をしっかり捉える力(1対1の対応を正確に行う力)"です。

 

この力は情報の整理整頓をする力に直結し、条件が増えると混乱しやすかったりワーキングメモリーに弱点がある人はこの力が弱いようです。この力が弱い原因は様々ございますが、後に譲ります。

 

この2つの、相反する力(全体を見渡す力と点を正確に対応する力)を高次元でバランスよく刺激していくことが基本的カリキュラム構成となっています。

 

続けて算数クラスについてです。

 

○年少児(数の捉え方の基本レッスンですから、入室間もない年中児も参加していただいています。)

 

もう上手に数える段階は終わっています。今は複数の条件を並行処理していく課題が中心となっていますが、スケジュールとしては遅れ気味です。ご協力をお願いします。

 

○年中児(代数的な数処理が出来る事が基本条件となりますから、年長児でも数概念の形成が不十分な方はご参加いただきます。)

 

扱う課題はそれほど変わりませんが、処理する数が大きくなったり、答えを出すまでのステップが増えたり難易度は上がっています。この時期は数処理能力のアップを大きな柱と考えています。2学期に期待します。

 

○年長児(言葉を鍛える事が第一の目的となり、思考過程をクラス内で説明してもらったり、抽象性の高い課題に挑みます。例年、年中児が入っていたり、小学生低学年が入っていたりしますが、考える姿勢作りをしていきます。)

 

良いクラスに育って来ました。子どもたちはクラス全体で伸びて行きます。強いチームの後ろには必ず良いサポーターがついています。これは一般論で、暗に誰かを指している訳では決してありませんが、我が子しか見えないお母さんは結局その我が子を伸ばしきれません。分数を素材に選んだ事は唐突に思われたかもしれませんが、子どもたちはしっかりついて来てくれました。授業後の晴れ晴れとした顔が印象的です。

 

閑話休題

『もしその子が母親の言う通りの子なら、その子は世界を征服するだろう』と言ったのはナポレオンでしたか、有名な言葉で、戒めの言葉として用いられますが、反面、そんなお母さんがいるから子どもは安心して頑張れるとも言えます。

 

○1・2年生(○○算であるとか、かけ算割り算の指導というのカリキュラム構成ではなく、"割合の関係""差の関係"の捉え方、使い方の指導を行います。現在幼児は入っていませんが、バランスが悪いと判断すれば算数が得意な3年生でも入ってもらいます。考え方が分からず困ってくるとすぐに数の当てはめをやり出す悪い癖を早く直しましょう。)

 

前半は緊張感のある良い雰囲気の授業が続きました。このまま順調に推移するかと思いましたが、分数での"1"がスムーズに理解出来た人と理解に苦労している人に分かれて来ています。あと少しです。区切りがついたら二学期からは"差"の関係にチャレンジします。"割合"と違って"差"の関係は可視化し辛い分だけ言葉の力が必要になります。

 

○3年生※飛び級をしている2年生はこちらをご覧下さい。

(分数、パーセント、歩合などの割合、数列、公約数などの数理、特殊算のベースの整備をして行きます。)

 

"速度"では苦戦しました。少し視点を変えて2学期からは仕事算です。計算力の差が大きく、折角しっかり考えていても制限時間内に答えまでたどり着けない人、計算ミスが多い人、筆算より暗算が偉い訳じゃないから。無理やり暗算している人は面倒くさがらないで書きましょう。イメージの暴走や空回り、粗雑さを防ぐためにも鉛筆を持って書くことを励行して下さい。書く力は得点力に直結します。書くことを軽んじてはいけません。

 

○4年生(具体的な積木教具から離れてプリントでの指導に移行して行きます。)

 

"速度"の基本は理解出来たと思います。クラスによって授業内容が違って来ていますが、2学期からは少しずつプリントに重点を移して行ってみます。

 

○5年生(中学受験に向けての指導となります。)

 

図形問題がテーマです。将棋のトレーニングに詰将棋を使うように、基本的問題をまずはクリアして行きます。ある程度の経験値が積み重なれば、突然図形問題が簡単に思えるようになります。まずは平面図形から。

 

2学期が始まります。

引き続き、どうぞよろしくお願いします。

 

 

Kona学習舎 三石雅樹

 

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    無料体験レッスンにつきまして

    • 2018.08.26 Sunday
    • 01:29

    こんにちは。Kona学習舎でございます。

    日々無料体験レッスンのお問い合わせ、ご予約を多く頂戴しております。

    Kona学習舎の算数教育にご興味を持っていただき、大変嬉しく思います。

    Kona学習舎の無料体験レッスンは、既存のクラスにご参加いただくかたちになります。
    すでにご入室いただいております生徒様の授業に、体験のお子様が特別参加する形式となります。

    ご説明のための授業というわけではなく、普段のそのままの授業にご参加、保護者様にはご見学頂いております。

    この度は、教室より無料体験レッスンにつきまして、お願いとお詫びがございます。

    無料体験レッスンをご検討中の保護者様には、ご一読いただけましたら幸いでございます。


    ,申し込み、お問い合わせの初回はホームページ内の【お問い合わせフォーム】を利用していただくと助かります。

    ご入室済みのご家庭には、講師のアドレス、携帯番号をお知らせしておりますが、新規のお客様からのお問い合わせは【お問い合わせフォーム】のご利用がスムーズです。

    △澗慮蛙修傾みについてのご返信は、2、3日かかる場合もございます。

    授業を朝から夜まで入れておりますので、当日の返信の場合でも深夜となることがございます。

    Iずご予約をされてからご参加ください。

    ご予約なしに直接お越しいただいても、ご満足な対応がお約束できません。それは残念なことです。

    ご予約をいただく大きな理由の一つに、現在の教室は建物理事会に事業内容の申請、許可頂いたのちに営業させていただいております。

    参加者人数も項目の一つにあり、遵守いたします。

    〈現在のKona学習舎は、以前の高宮教室より1クラスあたりの定員をかなり少なく設定しております。満席となりますと体験だけでなく、募集をストップすることになります。1クラスに対しての先着順となります。〉

    教室生と体験のお子様の人数で1枠の出席者数となります。

    どうぞ無料体験レッスンのご予約にご協力くださいませ。


    ☆個人指導の無料体験レッスン

    個人指導では、5年生、6年生のみ、30分間の無料体験レッスンを実施しております。
    (5、6年生は習熟度の個人差が大きく講師がお子様の状況を判断するために無料体験30分を実施しております。)

    しかしながら、個人レッスン枠は開校以来の一番人気のクラスで、
    当初より、売り出し1時間あまりで完売してしまいます。(※全営業日に1、2枠は個人レッスンをいれてはおりますが…)

    日曜、祝日に追加枠を設定いたしましたが、やはり同じような状況でした。
    お申し込みをいただいたのにご辞退するご家庭のほうが多くいらっしゃいました。

    個人レッスン、現在は満席で募集停止ですが、9月から空きが出ましたらキャンセル待ちの早い方よりご案内いたします。

    なお、個人レッスンは、
    未就園児さんから6年生までご利用いただいております。

    図形クラス、算数クラスとどちらでもご選択いただけます。

    個人レッスンは、現在ご用意できるお席がございませんので、
    集団クラスはまだまだお席が空いております。集団クラスでのご参加をお待ちしております。


    では、無料体験レッスンご予約中の皆様には、お子様方にお目にかかれる日を心待ちにしております。

    お父様が休日でいらっしゃれば、お父様もどうぞご一緒ください。意外とKona学習舎の指導内容はお父様に支持していただいております。

    お問い合わせをありがとうございました。


    Kona学習舎
    三石海紗子

    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      夏期講習クラス別授業内容2018年

      • 2018.08.06 Monday
      • 17:27

      《 夏期講習授業内容のご案内 》

       

       

      夏期講習も佳境に向かいます。そこで、各学年算数クラスの授業内容をお知らせします。

       

      ○年少児

      第一の目標は"数概念の育成"です。算数の文章題に強い子になるには必須の力です。

      あわせて、複数の条件を同時に満たす答えを考える課題を通じて、論理的に考える素地を培います。

       

      ○年中児

      年中児では、ワーキングメモリーと数処理能力の強化を第一の目標としています。

      あわせて、"図形イメージを操作する力"を付けていきます。

      発想力を強くするにはフォトメモリーのような静止イメージではなく、イメージを操作し、動かす力が必要です。

      また、経験上、年中児の一年は、例えば思春期のような混乱の時期で、出来ていたことが急に出来なくなったり、周りの大人が戸惑う事も多いと思いますが、それも自立へのステップです。

       

      ○年長児

      年長児の一年は10歳の時期と並んで"飛躍期"と呼ばれ、特に言葉の力が伸びる時期です。

      算数クラスでも、少し抽象的な思考も体験して行きます。

      内容としては"関係を考える""マイナス数を扱う"課題に挑みます。

      自力で考えればミスはつきもの。大事な事はミスを活かす力をつけることです。

      "速く正確に"は重要な力ですが、算数力の全てではありません。

       

      ○1・2年生

      夏休み中の目標は、倍数や分数など、"割合"を理解することです。

      授業の中では年長児内容からの復習をしていますが、徐々に割合に関する授業内容を増やしていくつもりです。

      割合の理解は算数クラスの柱の一つですから、頑張って行きましょう。

       

      ○3年生

      "速度"の問題にチャレンジしています。

      中々難問ですが、挑んで行きましょう。

      速度の課題もイメージ化が大きな意味を持ちます。

      速度は大変範囲の広い課題ですが、ダイヤグラムの使用などは高学年に譲って、"速度の比"の理解や応用を目標とします。

       

      ○4年生

      3年生と並んでテーマは"速度"です。4年生では"流水算"など、様々な問題に挑みます。

       

      ○5年生

      数理、不定方程式と進んで来ましたが、図形問題をテーマにします。

      5年生くらいから、パターン学習での見せかけの学力か、本当の学力がついているのかが表に出てきます。

       

      制限時間内に得点を取るための力と知的能力、思考力は必ずしも一致しません。

      5年生からは正答を出すことにこだわって行きます。

       

       

      Kona学習舎 三石雅樹

      • 0
        • -
        • -
        • -
        • -

        あたらしい本□2016 秋

        • 2016.10.07 Friday
        • 08:41
        福岡教室のあたらしい本をご紹介いたします。

        この度の本は保護者さまからいただいたものです。


        ありがとうございました。


        おしりたんてい
        ざんねんないきもの事典
        本格ハロウィンは知っている


        P2016_1006_125055.jpg


        ばけれんぼ
        トリックアート ミステリートレイン
        婦人画報「福岡」
        nid「江戸の知恵とセンス」

        P2016_1006_124818.jpg



        あたらしい本は、本棚の上に置いています。

        みんなの本ですから、後から読む人のことを考えて大事にしましょう。



         
        • 0
          • -
          • -
          • -
          • -

          10月日曜集中授業追加のお知らせ

          • 2016.10.05 Wednesday
          • 16:09

          先の10月2日(日)16日(日)の日曜集中授業に加え、

           

          10月9日(日)10日(月/祝)も日曜集中を行います。

           

          Kona学習舎では二学期を飛躍期と考えています。

           

          是非ご参加下さい。

           

          詳細は教室内配布のプリントでお確かめ下さい。

           

           

          Kona学習舎 福田雅樹

           

           

          10/2・16 日曜集中授業時間割。

          • 2016.10.02 Sunday
          • 02:30

           

          *福岡教室では、10/2・16に日曜集中授業を実施いたします。


          運動会。七五三、発表会と行事が目白押しの秋ですが、Kona学習舎での日曜集中授業を行います。
          一年間のカリキュラム上、二学期は特に鍛え時、伸び時です。学習内容的にもつみきをベースにした算数学習の中心となる、割合の課題をメインに鍛えて行きます。是非ご参加下さい。
          福田雅樹



          【時間割】

          □10/2(日)・16日

          9:00-9:45=年長児(G・H)
          9:55-10:40=つみき
          10:50-11:35=つみき
          11:45-12:30=3・4年生(N〜Q)
          1:10-1:55=年中(E・F)
          2:05-2:50=つみき
          3:00-3:45=1年生(I・J)
          3:55-4:40=2年生(K〜M)
          4:50-5:35=つみき
          5:45-6:30=ハイクラス


          算数クラスの授業内容は、教室配布のプリントでご確認ください。

          2学期のように、特に視覚イメージを操作することを要求する割合、速度の課題では何より集中力とその持続力が要求されます。そのため、9月は保護者の皆様の参観をご遠慮いただいて授業に取り組む姿勢作りに取り組んでまいりました。子どもたちの考え方や課題に取り組む姿勢がはっきり表れる“つみきクラス”は姿勢作りには最適と考えています。集中力の深さ持続力は学年が上がるに連れてその個人差が学業に大きく影響し、学年が上がるり連れて身に着けにくくなって行きます。どうぞ“つみきクラス”をご利用下さい。



           
          • 0
            • -
            • -
            • -
            • -

            灘校文化祭 2016 *NADA Limited Edition グリコプリッツ

            • 2016.04.29 Friday
            • 01:54

            灘校文化祭のおみやげに


            DCF00877.jpg


            今年も灘校文化祭の季節になりました。

            関西の子はもちろん、九州他各地の生徒さまのご家族も、灘校文化祭に足を運ばれるKona学習舎です。

            灘校文化祭は、小さいお子さまから大人まで楽しめますものね。

            さて、今年も文化祭に先立ちまして灘校からKona学習舎にお荷物が届きました。
            (毎年ありがとうございます。お手間をおかけいたします。)

            今年は、

            NADA Limited Editionグリコプリッツ

            を、生徒の皆さまにおすそ分けしたいと思います。

            今年限定で、江崎グリコさまと灘校のコラボのプリッツです。


            DCF00964.jpg


            灘校文化祭は、5/2、3の2日間ですが、
            灘校文化祭より先にとどきましたので、
            Kona学習舎では文化祭より一足早く皆さまににお渡しいたします。

            福岡教室は、明日4/29は集中授業です。
            お教室インフォメーション前にプリッツを置いておりますので、

            《生徒さまお一人に一箱》

            お持ち帰りくださいませ。

            ハイクラスご参加の5年生、6年生も遠慮なくお持ち帰りくださいね。

            芦屋教室は、5月初回の授業に福田に預けますので、もうしばらくお待ちください。


            DCF00882.jpg


            灘校のご担当者さまとお電話でお話しいたしました。

            今回のプリッツは、江崎グリコさまとの初めての企画で限定商品ということです。

            たしかに、灘校文化祭参加歴十数年の私ですが、プリッツは初めてです!

            文化祭当日には灘校にて、もちろん販売されます!
            限定10000個だったかな??

            灘の文化祭では、グッズも食べ物も早々に売り切れてしまいますので、
            欲しい物がある時には、早めのお買い求めがコツかもしれません。
            文化祭、楽しんできてくださいね。

            末筆になりますが、
            小さい塾の私たちへ毎年引き継ぎを残して頂いている灘校育英会のみなさま。
            私が灘校保護者ということもあり、お気遣いを頂いていると伺っております。

            今年の文化祭も、お天気に恵まれ、ご成功を心よりお祈り申し上げます。
            ありがとうございました。


            DCF00879.jpg


            アレルギーをお持ちのお子さまは、プリッツ裏面の原材料名をご確認のうえ、保護者さまのご判断でお子さまにお渡しください。

            DCF00878.jpg
            プリッツの箱の側面まで灘校

             
            • 0
              • -
              • -
              • -
              • -

              calendar

              S M T W T F S
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << October 2018 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recommend

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM