2020年夏期講習 授業内容のお知らせ

  • 2020.07.22 Wednesday
  • 00:03

 

算数プリント ※1年生以上
参加する子どもたちの計算力をつけることが第一の目的ですが、算数の中学入試問題から抽出して作成した、思考力問題にも挑んでいきます。

 

思考プリント ※年中児以上
図形力、数的思考力、ことばの力、この3つの力を養成することを目的に作成したプリント教材による授業です。特にことばを使って考える力を養っていきます。初見の算数問題に取り組むときは特に違う方向から考えたり、「もし○○だったら……」という思考の切り替えが必要です。そのためにも様々な考え方に取り組んでいきましょう。

 

(7/4(土)=“思考プリントクラス”是非、年中から始めてください。小学生たちに「Konaで一番むずかしいクラス」と言われるこのクラス。確かに小学生用は難しいのですが、幼児プリントから始めたお子さま方は逆に小学生になっても大好きなクラスのようです。できることなら、幼児期からしっかり“自分で”考えることを大好きにする、そちらのほうが後々ラクです。深い思考力はお子さまの財産になるはず。)
 

図形クラス
年令によって授業のねらいは変わりますが、図形Aでは立体の感覚を磨くことを、図形Bでは1対1の対応を粘り強く重ねていく力をつけていきます。夏期講習では同じ教具が連続することがあるかも知れませんが、難易度は上がっていきます。

 

算数クラス

 

●年少児 平陛戞Г曚寨縦蠶未蝓
『2色3個で5』の課題を発展させて論理的思考のベースを整え、赤い積木=1、白い積木=2……の課題で代数的な数の捉え方に慣れていきます。数える算数ではなく数概念を育てることが算数力を強くする第1歩です。

 

●年少児◆平陛戞В海月遅れ)
「2のつみきで6」、「3のつみきと1のつみきで5」の課題を組み合わせて「2つの色、つみきは3こで8」にチャレンジし、この課題を発展させていく中でワーキングメモリーを強化し、論理的な思考を体験していきます。ご参加いただける授業回数が例年の半分なので、例年に比べてかなりスローペースです。年少児の方で途中入室をお考えの方には最適のクラスです。

 

●年中児(進度:予定通り)
加減乗除の四則計算は段階を追って進めていきますが、少しずつ『差』や『割合』の関係の扱い方にもチャレンジしようと思います。加えて『3進数』や『5進数』も出て来ますから、少しハードな夏になるかもしれません。

 

●年長児(進度:2か月遅れ)
〇覲丱ぅ瓠璽犬鯀犧遒垢襦平瑤鬚弔澆に置き換え、それを組み合わせて考える。)答えが出るまでの考える筋道を見つけて正答にたどり着く課題で粘り強い思考力をつける課題は引き続き行いますが、夏期講習では『かけ算の理解』が加わります。『○×3+○×5=○×8』のような内容を理解していきますが、九九が頭に入った後から左のような内容の授業をしますと子どもたちの理解度が大変悪く、Kona学習舎では例年子どもたちが九九に触れる前にかけ算のイメージ作りの授業を行っています。低学年ではかけ算をどれだけ深く理解しているかの差がはっきりとは表に出てきませんが高学年になると苦労する場面が表れます。そしてそのような壁に当たった時にかけ算の仕組みに立ち返ろうしても学習効率が大変に悪くなります。女の子に多くみられる事例でもあります。

 

●1年生(進度:2か月遅れ):飛び級をしている年長児はこちらをご覧ください。
1年生クラスの授業内容には2本の柱があります。1つは以前より続けていますイメージの操作力、割合、差の関係の使い方など基礎力のアップ。もう1つは7月中ごろから始めました面積図と比の関係です。どこまで進む事ができるか楽しみです。

 

●2年生(進度:ほぼ予定通り)
夏期講習を前に少しクラスを引き締めるため7月は予定を変更し『数列』を題材に、正確な計算を積み重ねる課題をやりました。これから“たこ焼き”から”水道”(詳細はお子さんにお聞きください。)を通して、仕事算、ニュートン算や速さの捉え方の基礎を固めていきます。これからの算数の課題のベースになる考え方ですからしっかりと理解しましょう。また、後半はプリントで図形問題にチャレンジしていきます。

 

(昨年2019年の“算数クラス2年生”=初めてのプリントでの図形問題、初回の授業です。最初はゆっくり丁寧に教えていきます。釘板も登場。Konaの図形クラス育ちの子たちは、初見でも図形問題の理解は非常に速いです。今年の2年生もいよいよプリントでの図形問題始まります!)
 

●3年生(進度:1か月遅れ):飛び級をしている2年生はこちらをご覧ください。
『ニュートン算』に関しては基本的理解は出来たと思います。これから先は4年生になってプリント問題で理解していきましょう。『仕事算』のまとめをしたら子どもたちに予告した通り本格的にプリントで『図形』問題に取り組みます。
 
●4年生(進度:1か月遅れ)
『図形』と『速さ(ダイヤグラム)』に取り組みます。まずは『図形』から。中学入試問題レベルを目指そう。

 

(6/28(金)=“算数クラス4年生”の授業プリントの1枚。灘中学入試問題からいただきました。『半年前は解けなかった、でも今は解ける。』生徒自身が問題を一人で解答した直後に口にしていました。)
 

●ハイクラス(進度:予定通り)
積木で培った力をベースに、実際の中学入試問題にチャレンジしていきます。

 

(7/19(日)=“算数クラスハイクラス”の授業プリントの1枚。こちらも速さの入試問題です。ハイクラスは、中学入試を見据えた6年生レベルのクラスです。1回ごとの“やりきり講座”です。ちょうど夏休み、算数が得意な夏期講習生のご参加もお勧めいたします。難関中学入試算数へ直結のクラスです。5年生の男女も在籍中です。中学受験経験したKona学習舎の卒業生や保護者様からは、『ハイクラスこそKona学習舎の看板授業』と言っていただきます。)

 

 

Kona学習舎

三石真暉
 

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM