春期講習の授業内容

  • 2020.03.31 Tuesday
  • 19:47

春期講習後半の授業内容をお知らせします。

 

春期講習としては残り1週間です。新型コロナウィルス問題で先行きが不透明でしたから、まとまったご案内が遅くなり申し訳ございません。

 

思考プリント
図形・数・言葉を素材として、算数や国語などの教科の枠を取り払い、パターン化することなく様々な角度からの思考を体験して行きます。分厚い思考力をつけていきます。

 

算数プリント
高学年になるほど暗算力の副作用としてケアレスミスというイメージの先走りが起きやすくなります。イメージ力をつけるための暗算と称するものは文章題を解くためのイメージ力とは別のもので、暗算力が強いから算数の文章題に強い訳ではありません。

ここのクラスでは四則計算を筆算で解くことから、素因数分解や数列、整数問題の基本を身につけていきます。

 

図形クラス
空間図形の把握力の強化を第一の目標に、平面図や見取り図から立体を組み立てたり、指定されたつみきを使って立方体を組み立てたりしながら図形力を高めます。繰り返しお伝えしていますが、実際に立体を作り上げる体験でしか立体の感覚は強くはなりません。

 

算数クラス(学年は4月からの新学年です。)

 

年少児(進度:ほぼ予定通り)
まだまだ授業を受ける姿勢作りが主ですが、数えることがしっかりできるので色を指定して10までの数つくり、『2』のつみき、『3』のつみきを使っての数作りに取り組んでいます。

 

年中児(進度:1か月先行)
位の理解、繰上りの理解を進めます。また、代数的な数処理を発展させ、順序良く考えて答えを出す課題にチャレンジしています。

 

年長児(進度:1か月遅れ):年中児で飛び級候補とお伝えした年中児はこちらをご覧ください。
課題の条件を増やし、答えが出るまで順序良く考える課題を通じて、教えられたことを間違いなく反復する授業ではなく、自ら考える筋道を見つけていく力をつけていきます。

 

1年生◆平陛戞В韻月遅れ):飛び級をしている年長児はこちらをご覧ください。
"植木算"を素材として数列や規則性の基本を、"差"を素材に和差算やつるかめ算の基礎を、"分数"を素材に割合の基礎を少しずつ難易度を調節しながら進んでいます。

 

1年生 平陛戞Г曚寨縦蠶未蝓
基本的には1年生△汎韻玄業展開ですが、深度が違って来ます。

 

2年生(進度:ほぼ予定通り)
”速さ”に再度チャレンジしていきます。苦戦するかも知れませんが、繰り返しになりますが、プリントで距離と時間など、数式を頼りに問題を解くのではありませんから、2年生でも十分対応できます。

 

3年生(進度:ほぼ予定通り):飛び級をしている2年生はこちらをご覧ください。
”方陣算”を素材に図形の援用をしながら様々な規則性を発見し応用していきましょう。

 

4年生(進度:ほぼ予定通り):復習している5年生はこちらをご覧ください。
最大公約数や最小公倍数など、数の問題を巡って基礎を固めましょう。

 

ハイクラス(進度:予定通り)
まとまった時間がございますから、『旅人算』をテーマにじっくり基本を練っていきます。

 

Kona学習舎

 

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM